インタビュー 04

INTERVIEW

各エリアのオーナー様の声をお届けします

Meets! tohoku
Iwate

チラシからはじまった家づくり。
娘さんといっしょに成長しながら。

たまたま目にしたチラシからはじまったセキスイハイムとの縁。さまざまなタイミングに後押しされて出来上がった住まいには、小学校に入学する娘さんへの愛にあふれた暮らしがありました。

FLOOR PLAN
2階建住宅
  • 延床面積/134.57㎡
    1階床面積/75.74㎡
    2階床面積/58.83㎡

何よりも、どこよりも、落ち着ける場所

ーー住み心地はいかがですか? ご主人 落ち着きますね。これまでの賃貸とは違う、マイホームならではの解放感といいますか…。すぐ目の前が実家で、ここの土地を譲ってもらい建てたのですが、この場所に腰を据えたという意味でも落ち着いた気がします。来春から娘が小学生なので、すぐ近くにある小学校の入学に間に合ったこともよかったですし、住み心地はもちろんですがそれ以外の要素も含めて、家族の居場所ができたことを実感しています。家にいる時間がずいぶん長くなりました。 奥様 雰囲気がとても気に入っています。間接照明とか和室のつくりをいろいろ提案していただきました。もうすぐ1年経ちますが、夜は間接照明だけで過ごしたりして、本当に落ち着きます。

チラシと出会い、そこから迷わず一気に

ーーハイムに決めるまでの経緯は? ご主人 久慈から異動で盛岡に赴任したのが昨年の4月で、盛岡にアパートを借りて暮らしはじめました。そこで偶然、セキスイハイムのチラシを目にして、それがマイホームに興味を持つきっかけになりました。施工の早さとか、建ててからのコストがあまりかからないとか、セキスイハイムを知れば知るほど間違いはないと感じましたね。それでそのまま一気に(笑)。 奥様 施工の早さもですが、家づくりのテンポもよかったです。打ち合わせ過程もそうですし、市街化調整区域の手続きなども手際よく行っていただいて。そのあたりはとても頼れました。

プロの意見も取り入れながら
満足の出来栄え

ーープランのご要望は叶いましたか? 奥様 はい、要望を伝えてはアドバイスをいただいて、展示場もいろいろ見せていただきながら、トントン拍子に決まっていきました。私が要望したのは家族の気配が常に感じられる空間を要望しました。キッチンから娘や主人の姿が見渡せて会話できること、家族が2階に上がるのをLDKから認識できる階段の配置だったり、家の隣にあるゲートボールスペースで子供たちが遊んでいる姿にも目を配れる間取りにしてもらいました。 ご主人 吹き抜けが憧れで要望したのですが、その分二階にスペースを設けることを提案していただき、今ではそこがセカンドリビングになっています。プロのアドバイスを取り入れてよかったです。

思いどおり暮らしたいなら
前に進むことがたいせつ

ーー改めて、建ててよかったですか? ご主人 将来はこの(目の前の)実家に住めばいいかなと思っていましたが、やっぱり新築はいいですね。家を建ててから、これまでやったことのないDIYもはじめましたし、自分の家だから好きなようにできる幅が広がったと思います。娘の成長を見守りながら、家族で愉しく過ごすためにもよかったと思います。
COLLECTION OF FLOOR PLANS COLLECTION OF FLOOR PLANS
フロアプランコレクション