インタビュー 01

INTERVIEW

各エリアのオーナー様の声をお届けします

Meets! tohoku
Miyagi

初めての見学で一目惚れ
訪れたのは分譲住宅

当初は注文住宅を希望していたSさま。ところが、ふと見学した分譲住宅で気持ちが変化。そこが、イメージ通りの住まいだったのです。

FLOOR PLAN
2階建住宅
  • 延床面積/109.51㎡
    1階床面積/57.26㎡
    2階床面積/57.25㎡

セキスイハイムの住まいを
選ばれた理由は?

私も妻もそれぞれに理想の住まい像があり、当初は「建てるなら注文住宅かな」と思い、いくつかの展示場巡りはしていました。そんなとき、目に飛び込んできたのがセキスイハイムの分譲住宅のCM。結果、私たちの家になる分譲住宅です。「参考までに見てみよう」くらいの軽い感覚で見学に行ったら、そこでびっくり。というのも、理想がすべてそこに詰まっていたんです。間取りも、階段のレイアウトも、思い描いていた暮らしが「ここならできそう」と直感しました。

見学時に特に
気に入ったところは?

初めての見学で「ここに住もう」と即決できたのは、ほかにも理由があります。将来的にフレキシブルな空間づかいができる点もそのひとつ。例えば2階の子ども部屋は現状、オープンになっていますが、ゆくゆくは2部屋に仕切れますし、ライフスタイルが変わっても暮らしやすそうだなと。また、性能面も大きいですね。近くに小学校があるんですが、窓を閉めれば子どもたちの声も一切聞こえず、防音面も万全。立地に関係なく穏やかな暮らしができそうだと感じました。

自宅が「セキスイハイムで良かった」と思うことは?

振り返ると、「セキスイハイムが建てた家」ということが最大の決め手だったかもしれません。災害への強さはリサーチ済みでしたし、大手ハウスメーカーならアフターフォローも万全なのかなと。子どもたちを育てていくためにも性能やアフターフォローがしっかりしていれば親として安心ですし、絶対的な信頼感が欲しかったんですね。暮らしはじめて約3年。実際、性能面では心配要らずで、何よりも快適です。夏は心地よく、冬は暖かい、イメージ通りの暮らしができています。

現在のお住いの
お気に入りのスペースは?

子どもがどこにいても目が行き届く間取りは本当に気に入っています。それからスペースではないのですが、西側にある窓。そこに映る彩りが家族みんなのお気に入りです。夕日がきれいなときは赤く染まり、晴天の日は水色になったり。子どもも「今日はピンクだね」なんて言ってみたり、家族の楽しみになっています。
COLLECTION OF FLOOR PLANS COLLECTION OF FLOOR PLANS
フロアプランコレクション