エリアから探す

アパート経営

はじめての土地活用をサポートします

土地を守り次世代へ継承する。固定資産税や相続税を軽減する。
あるいは賃貸収入により生活の安定や老後の安心を確保する。
様々な土地活用のノウハウをサポートします。

①土地活用の種類・用途

土地活用の方法には、さまざまな種類・用途があります。建物を建てて貸す方法としては、アパートやマンションなどの住宅用途に加え、貸店舗、貸倉庫などが挙げられます。立地環境によって、用途の制限や需要が異なるので、まずはその土地に適した活用方法を知ることが重要です。また用途によって税金も異なります。初期投資をどの程度かけ、どの程度の期間で回収するのか、転用や売却のしやすさなどリスクも含め、検討する必要があります。

自己使用する、売却する、貸す、建てる

②土地活用なら賃貸経営?

市街地や郊外で公共交通機関の利便性が比較的高い立地であれば、賃貸住宅の経営がもっとも一般的でポピュラーな土地活用の方法です。税金面でのメリットが大きく、土地の固定資産税評価額は最大6分の1に、都市計画税は3分の1に。相続税も軽減されます。減価償却期間が長く、借入れ期間も長期になります。不動産投資物件としてだけではなく、自宅を併用した「賃貸併用住宅」という選択肢もあります。条件によっては一般の住宅ローンの低い金利での融資もうけられます。

③賃貸経営をどう選ぶ?

賃貸住宅経営は、その土地の立地環境でどのような賃貸物件の需要があるのか、単身世帯向けか少家族世帯向けか、賃料相場はどれくらいなのか、需要傾向と将来に渡っての周辺地域の動向をしっかりと把握する必要があります。その上で、無理のない資金計画、緻密なシミュレーションに基づく収支計画をたてます。建築後もアパートの管理、入居者の確保、建物・設備の維持・更新など、豊富な経営ノウハウと専門知識が必要です。ですから専門の業者、パートナー選びがとても重要になります。家賃保証や一括借り上げのシステムを用意している業者も多くあります。セキスイハイムが提案するのは、「ロングバリュー賃貸経営」という考え方です。

④ニーズに沿った、入居者に選ばれる賃貸経営を

時代のニーズを取り入れることも、空室のない賃貸住宅経営には必要不可欠になってきています。セキスイハイムでは、下記のような特徴を持った賃貸住宅を提案し、時代のニーズと共にオーナー様のニーズ、入居希望者のニーズを反映できるように努めています。

  • ソーラー賃貸住宅
  • 愛犬・愛猫と暮らす賃貸住宅
  • 防犯強化賃貸住宅
  • 賃貸併用住宅