エリアから探す

クリスマスあったか建売販売会

各エリア販売会情報

セキスイハイムの建売住宅
際立ちポイントとは?

1あったかハイム

家全体をやさしく包み込む
「あったかハイム」の心地よさを、
是非現地でご体感ください。

「あったかハイム」の快適な暮らしを
実現する独自の暖房システム。

ふく射式暖房のウォームファクトリーなら、床下からじんわりと暖めてくれるので、冬の朝でも心地よく過ごせます。

快適エアリーなら床下から伝わる暖かさと、床面の吹き出し口から出てくる暖気で足元からあったか

※快適エアリーベーシックタイプ1F集中型の場合、
2階は循環方式が異なります。

2住んでからも安心の「経済性」

耐久性の高い外壁材や屋根などの使用で、メンテナンスコストを抑えます

ハイムなら、維持費に大きな差、60年間でのシミュレーション例

メンテナンス費の中で大きな割合を含める、外壁、屋根、庇部でのシミュレーション比較。再塗装の必要がない磁器タイル外壁などを使用したハイムなら、費用を大幅に削減することができます。

「試算条件」●セキスイハイム(パルフェJX):ステンレス屋根、アルミ庇、タイル外壁 ●在来工法:金属瓦、モルタル外壁※メンテナンス工事の周期、現状の単価にて算定。LCC試算に計上している、設備費、部材費、工事費などは2008年3月現在の実勢価格に基づきシミュレーションしたものです。(当社試算)。将来、価格変動がある場合は試算値も変わります。

3進化したスマートハイム

「大容量ソーラー」でたっぷり発電し、独自のコンサルティングHEMS「スマートハイム・ナビ」で賢く省エネ。

※セキスイハイムグループのソーラー住宅建設棟数(リフォーム含む)169,922棟(2015年12月末現在)は、業界1位です。(積水化学調べ)

4家族を守る「耐震性」

数々の耐震実験により地震への強さを確認。

大地震に対する深刻な予想が発表されている中、セキスイハイムでは実際の建物を使い、震度7クラスの地震波で繰り返し耐震実験を実施。その強さを確認しています。

東日本大震災、熊本地震でも
倒壊ゼロ※の実績。

※東日本大震災(2011年)では、震災エリア内のセキスイハイム・ツーユーホーム棟数(東北・北関東)約178,000棟(震度6以上対象棟数48,000棟)において、地震そのものによる(津波・地盤の被害を除く)倒壊はゼロです。熊本地震(2016年)では、震災エリア内のセキスイハイム・ツーユーホーム棟数(熊本・大分)約15,000棟(震度6以上対象棟数6,000棟)において、地震そのものによる(地盤の被害を除く)倒壊はゼロです。「倒壊ゼロ」は構造体ユニットのボックス形状が保たれている状態により定義しています。(積水化学工業調べ)

※ 住宅の品質確保の促進等に関する法律。
● 一部の特殊プランにおいては例外となることがあります。

5将来も安心の「60年長期サポート」

セキスイハイムでは定期診断を無償で60年間行います。※

※実際の点検・診断時期は前後することがあります。また「定期診断」とは弊社からご案内を行い、お客さまのお申し込みにより診断するシステムです。

6思いやりの「愛犬・愛猫仕様」

大事な家族である、わんちゃん・猫ちゃんも心地よく暮らせる為に、滑りにくいUVフロアコーティングを採用しています。

7統一された美しい街並み

専門のデザイナーが建物シルエットや
色を美しく計画しています。

※ 1の新ウォームファクトリー/快適エアリーおよび、 6については対応していない物件もございます。詳しくはスタッフにお問い合わせ下さい。※写真はイメージです。

各エリア販売会情報